カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夕闇と入る

>11月25日(木曜日)に、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」を見てきました。

>いやあ~・ハリー役のダニエル・ラドクリフが大人になりました。

>色白の肌が、心なしか髭を剃った後のように青みがかっています。

>本の方はかなり前に読んでしまったので、思い出しながら見るという感じでした。

>通路沿いに座っているお嬢さんが、足を投げ出してぐっすり眠っていましたので、終わってもなかなか立ち上がれなくて…チョット・チョット・チョットでした。

  

※「灯を点せ!」「まだ夜でない!」ハリーと入りしレストラン
by blue-lulubul | 2010-11-29 19:57
>家の掃除を済ませてから高崎市タワー美術館で開催中の「アルフォンス・ミュシャ展」に行って、今帰ったところです。

>生誕150年記念ということです。

>明日2010年11月7日でお終いということで、滑り込みセーフでした。

>ポスターやチョコレートのパッケージなどで、いつも身近にあるデザイン画という印象の親しみのある美しい女性の多く描かれたものです。

>原画は、色彩が暗いので意外な感じがしました。

>もっと華やかな、きらびやかなものと思っていました。

>でも、100年前にすでに、こんなにお洒落な感覚のものが描かれたいたなんて、やはりヨーロッパの美術は違うなあ~と思いました。

>また、ミュシャの行動範囲の広さにも驚きました。チェコの人なのにアメリカやロシアまで行ってます。

>現役中も既にもてはやされ、華々しく活躍していた稀有な画家であつたのだと分かりました。

>ミュシャの信念は「富裕層のための芸術ではなく、民衆に親しまれる芸術」の創造ということです。

>でも、私にはとても優雅で貴族的なデザインだと思えます。


※バルサミコはワインの酢とぞ西の果てまろやかに熟し熟して酢ゆき
by blue-lulubul | 2010-11-06 16:33