カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

動く

※父逝きてわれを縛りていし鎖一夜で錆びて曼荼羅動く


私の父が他界して半年経ちました。

なんだか今まで一度もしたことのない事をやってみたくなりました。

歌舞音曲はタブーとされている喪中にも拘らず、明日は短歌の友人と

「第20回高崎元旦コンサート」に行く予定でいます。

想えば嫁いでからは、年末年始に転勤先から帰郷して

元旦には、お舅様を車に乗せて朝9時から夕方6時ごろまで、お年始回りをしたものです。

そのお舅様もすでに彼の世の人となってしまいました。

明日から私の未知の人生の始まりです。
by blue-lulubul | 2009-12-31 09:15

雪明り

※生きている・見える・しゃべれる・聞こえる・と幸数えつつ雪明りゆく
by blue-lulubul | 2009-12-13 18:53

布団を叩く

※透(す)みとおる秋空の下に亡母(はは)思いつつ布団を叩く音は響けり
by blue-lulubul | 2009-12-10 11:45

我しか知らぬ

※夕顔に話しかけいる母の背のわれしか知らぬ母の哀しみ
by blue-lulubul | 2009-12-09 17:00

ほろほろ

※気力のみに生きていし母の窓のそと紅萩ほろほろわが影に散る
by blue-lulubul | 2009-12-08 11:10

さざ波の化石

※あのね。

群馬県の上野村に、不二洞という鍾乳洞があるのよ。

今は、よく整備されているけれど、

私はね。

あの恐ろしい飛行機事故の前にも一度行ったことがあるのよ!

そこにね、「さざ波」の化石があるのよ。

ヒマラヤの頂上近くにもあるそうだけれど、そこまで行くのはちょっと無理!

何はともあれ、どうして動いているものが化石になれるのか…。

どうしても、この愚かな頭ではわからないわけ?

でもね、イメージは膨らむのよ!

これは、「オンディーヌ」の(涙)・(思い)の形だと思ったわけなの。(*^。^*)
by blue-lulubul | 2009-12-06 16:52

柄杓星

※時を汲み時を清めし柄杓星今宵の修羅を煌々こぼす
by blue-lulubul | 2009-12-05 17:47