カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:黄( 23 )

透かし百合

短歌誌を読み返しおり過ぎし日の思い違いが肺腑にたまる
c0177834_17114814.jpg


by blue-lulubul | 2016-09-10 17:22 |

ミモザ

春の灯を掲げるミモザに誘(いざな)われ未知のあしたへ足先入れる
c0177834_19195793.jpg

by blue-lulubul | 2016-03-19 06:12 |

アワコガネギク

日だまりを立ちあがりつつ開く掌(て)に幸せのように黄花(きばな)のみやげ
c0177834_09320767.jpg

by blue-lulubul | 2015-12-14 09:32 |

古き茶房に

鳴神(なるかみ)の音(ね)にとび入りし古き茶房(さぼう)に狐忠信と須臾(しゅゆ)見つめ合う
c0177834_09343819.jpg
       
            *「須臾』とは、(しばしの間)と言う意味です。

by blue-lulubul | 2015-12-08 09:23 |

光の音

新涼(しんりょう)の黄の花びらにふりそそぐ光の跳ねる音に聴(き)きいる
c0177834_09042705.jpg


by blue-lulubul | 2015-10-21 09:04 |

茸(黄)

まひるまを杭に打たれて止められし影がするりと消え去りている
c0177834_16323007.jpg

by blue-lulubul | 2015-08-08 16:34 |

待宵草

歳月の海に漂う難破船 待宵草の黄をふりこぼす
c0177834_14180771.jpg

by blue-lulubul | 2015-07-29 14:22 |

価値

誰もいぬ処(ところ)に咲きたる黄の花の天(てん)知る地(ち)知る闇押し退(の)けり
c0177834_09021378.jpg

by blue-lulubul | 2015-07-22 09:05 |

ひまわり

ひまわりの花毬(はなまり)の奥にゆれている見果てぬ渇望、空即是色
c0177834_14351809.jpg
c0177834_14350044.jpg

by blue-lulubul | 2015-07-21 14:37 |

ハイビスカス(黄)

預貯金を下ろしたあとのハイビスカス 夏の光を買うにも似たり
c0177834_13314356.jpg


by blue-lulubul | 2015-07-12 13:33 |